妊娠中や授乳中は薬が飲めないので、花粉症やアレルギー性鼻炎は辛いですね。

どんなに辛くても赤ちゃんのことを考えれば、薬は飲めません。

薬を飲めない妊婦
薬を飲めない妊婦

そんな時、是非、ちしゃとう(茎レタス・ステムレタスとも言います)」を食べてみてください。

花粉症やアレルギー性鼻炎には、れんこんがいい、ヨーグルトがいい、たまねぎがいい、ブロッコリーがいいという話は聞いたことがあります。

これらの野菜や乳酸菌類もアレルギーを緩和するとは言われています。

ちしゃとうは世界で初めて野菜で抗アレルギー効果が認められた

ですが、ちしゃとうの効果はどんなものかというと、なんと初めて「野菜で抗アレルギー効果」が認められた野菜なのです。
スーパーベジタブルとも機能性野菜とも言われています。

ちしゃとうという野菜はあまりスーパーにも売っていないのでなじみがないかもしれませんが、料亭や中国料理のお店で見かけることがあります。

その、ちしゃとうが、花粉症やアレルギー性鼻炎にとっても効果があるというのです。
脱薬宣言をした私も、実際にセルフ臨床試験を行ってみました。

ちしゃとう(茎レタス)
ちしゃとう(茎レタス)

↑ちしゃとうってこんな感じの野菜です。

といっても、ちしゃとうはそう簡単には手に入りませんから、「ちしゃとう100%のパウダー」を使って実験してみました。

ちしゃとうの素
ちしゃとうの素

YPファームという農場で作られたちしゃとう100%を粉末状にした「ちしゃとうの素」です。(もちろん妊婦さんや授乳中でも安心の無添加、無農薬です)がYosimoショップさんのネット販売で購入。

飲む量は付属のスプーン(
1g分)に1回2杯ほど。私は毎食後に飲んでいます。

っていうとまるで薬みたいな言い方ですが、野菜なので、飲むと言ってもコーヒーやお茶に混ぜたり、アイスクリームや野菜炒めに混ぜたりしています。

抹茶っぽい味なので、お茶に混ぜると抹茶みたいな味になるので一番合うでしょうか。

アレルギーマーチ+薬嫌い

私は、花粉症はもちろんのこと、ハウスダストやダニ、ペットにもアレルギーがあり、突然鼻炎がひどくなる時があります。

たまに、喘息、アトピー、蕁麻疹が出ることも。

アレルギー性紫斑病になったこともあります。

さて、こんな私がまずは一週間「ちしゃとうの素」を飲んで(食べて?)みました。

実はその時、秋の花粉のアレルギー性鼻炎と喘息をわずらっていまして、3週間過ぎていたのですが、治る気配がなかったのです。

医者からどっさり薬をもらっていたのですが、アレルギーの薬は眠くならないと効かない、眠くなると車の運転もお酒も仕事もできなくなるので飲みません。

なので治る気配がありませんでした。

車の運転をする時は薬を飲めない
車の運転をする時は薬を飲めない

「ちしゃとうの素」で治った!

ところが、「ちしゃとうの素」を一週間ほど飲んだ頃、気が付いたら、普通に生活していました。

治っていることにまったく気が付かないくらい、ごくごく自然に治っていました。

薬を飲むと、眠くなる、むかむかするなどの副作用があるため、苦しんで治った~問う感じですが、「ちしゃとうの素」の場合、あまりに自然なので、アレルギー性鼻炎などが出ていたことをすっかり忘れてしまったのでした。

妊婦・授乳中の方でも

実は、娘に赤ちゃんが産まれて授乳していますが、私の娘ですからやはりアレルギー持ちなのです。

子どもの頃は喘息になったりしていましたが、今は、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎です。

だいたい、妊娠する前まではアレグラを飲んでいました。

が妊娠・授乳中は薬を飲めません。

それで、先日も泣きついてきました。

赤ちゃんがいると、それでなくても寝不足になるのに、鼻炎のアレルギーが発作的に始まると夜、ますます眠れません。

そこで、私が飲んでいる「ちしゃとうの素」を紹介しました。

娘のアレルギー性鼻炎もよくなった

野菜ですから、特に飲む量は明確に決まってはいませんが一応目安があります。

付属のスプーン2杯(2g)程度ということです。

娘には、少し症状が強いときは飲む量を調節してみるといいよ、と言っておきました。

それで数日後、LINEで「鼻炎、よくなった!」と言っていました。

鼻詰まりがひどかったようですが、す~っと通ったようです。

ちしゃとうは、抗アレルギー作用で特許を取得しているようです。

なので、鼻炎の他、アトピー、などにも効果が認められたようです。
まあそうですよね。どれも同じアレルギーですから。

それどころか、肝臓数値や血糖値、体脂肪にもいいらしいのです。

なんと、ダイエットやアンチエイジングにもいいとのことなので、アレルギーが出ていない時でも