癌にならないで済むものならなりたくないですね。

日本人の2人に1人は生涯1回は癌にかかると言われています。

昔に比べて、早期発見であればそれほど怖い病気ではなくなったものお、やはり「癌」と診断されれば、精神的ダメージは大きいものです。

自分への不安だけではなく、子供の事、仕事の事、お金の事など、これからどうなるんだろう、という不安でいっぱいになります。

癌にならないために・・・

癌細胞を作り出す活性酸素

癌の原因は飲酒、たばこ、ストレス、食品、過労などと言われています。

これらは、直接の原因というよりも、きっかけをつくるという方が分かりやすいでしょうか。

活性酸素は本来「体に必要な物質」なのです。

人は酸素を体内に取り込みます。

酸素の数パーセントは体の中で「活性酸素」と呼ばれる物質に変わります。

活性酸素は、体内に侵入する細菌やウイルスをやっつける役割を果たしたり、細胞の修復を行ったりする物質です。

ところが、先ほどお話しした、「飲酒、たばこ、ストレス、食品、過労」などにより、活性酸素がたくさん発生してしまうことがあります。

適量であれば問題のない、むしろ、「いい子」の活性酸素は、大量に発生すると「悪役」に変身します。

悪役になった活性酸素が体を攻撃する

活性酸素が大量発生するのを防ぐのは、抗酸化作用のある食べ物

さて、活性酸素の大量発生が癌を引き起こすのであれば、なんとかして、それを押さえる必要があります。

活性酸素を押さえるには抗酸化作用の働きが強い、ポリフェノールが有効と言われます。
ポリフェノールは主に、野菜や果物に含まれていますから、こうした食品をバランスよく取ることが大切です。

十分な睡眠やストレスを減らすことが大事

それに加えて、「十分な睡眠」や「ストレスを減らすこと」、「バランスの取れた食事をすること」が大切です。

とは言っても、それができれば誰も苦労しないわけで、現代人はそこがとても難しいから癌になりやすいのです。

ストレスなどは意図的に減らすことはむずかしいと思いませんか?

たとえば、人間関係で悩んでいる人が、ペットに癒されたり、スポーツジムに行ったりして発散したら、人間関係が良くなるかと言えば、なりません。

やはり、ストレスは抱えたままなのです。

また、最近は働き方改革とは言われていても、忙しい仕事の毎日のなか、栄養を考えた食事というのもなかなかむずかしいものです。

抗酸化作用に優れた食品を摂る

むずかしいこと、めんどうな努力はあきらめましょう。

私がおすすめするのは、「ちしゃとう」という野菜です。
参照:ちしゃとうとは

「ちしゃとう」は抗酸化作用にすぐれた野菜で、いろいろな効能があります。

ちしゃとうに含まれるバランスのいいポリフェノールにより、肝機能改善、睡眠障害、血糖値改善、体脂肪改善、抗腫瘍効果、アンチエイジング、などなど、さまざまな効果が謳われています。

「抗腫瘍」と言えば、癌の予防にもよさそうですね。

ちしゃとうは抗アレルギー作用でも特許を取得した野菜

スーパーベジタブル
「ちしゃとう」

「ちしゃとう」という野菜は、近年、抗アレルギー作用も実証され特許まで取得した野菜です。

これだけさまざまな効能があるのであれば、積極的に食べたいですね。

しかし、「ちしゃとう」は一般のスーパーではなかなか売っていません。

「ちしゃとう」100%の粉末「ちしゃとうの素」

そこで、「ちしゃとうの素」というちしゃとう100%の無農薬無添加の粉末をお勧めします。

ちしゃとうの素
ちしゃとうの素
「ちしゃとう」100%の粉末 
無添加無農薬

サプリメントと違って、いろいろなものが含まれているということはなく、ちしゃとうだけで作られていますから、もはや「野菜」です。

ビタミンA,B,C,E、カリウム、鉄分、カルシウムなども含まれていますから、野菜不足の方にもおすすめです。

花粉症にも「ちしゃとうの素」

抗アレルギー作用があり、少し多めに飲むと数十分で鼻水や鼻詰まりが改善されるという口コミも多く、花粉症のシーズンにも大活躍しそうです。
参考:「ちしゃとう」がアレルギー性鼻炎に15分で効いた!

癌を早期発見する以前に癌にかからないこと、予防することが大切

癌はたとえ早期発見して、完治した場合でも、5年間は経過観察が必要と言われています。

その間、再発はないか、転移はないかとドキドキしていなくてはなりません。

早期発見する以前に、癌にならない体質を作る方がずっと現実的なのです。

どういうわけか、自分だけは癌にならない、と思っている方が多くいるのですが、そんなことはありません。

活性酸素対策を今から行って、癌にかかりにくい体質になりましょう!