「困った!」と娘が言っていました。

当時は娘は妊娠中だったのですが、花粉シーズンが始まってすぐ、花粉症が出たようです。

妊娠中でも花粉症を緩和できる
妊娠中でも花粉症を緩和できる

しかも、妊娠中はホルモンの関係でひどくなりやすいそうで、辛かったようです。

妊娠中は薬を飲めませんから、我慢するしかないのか?

妊娠中、薬を飲めない妊婦
妊娠中、薬を飲めない妊婦

ちょうどそんな時でした。

私が「ちしゃとうの素」という粉末状の野菜の存在を知ったのは。

ちしゃとうの素
ちしゃとうの素

「ちしゃとう」って何?

私は当時「ちしゃとう」という野菜を知りませんでした。

私自身が、アレルギー持ちで、花粉症、アレルギー性鼻炎、金属アレルギー、蕁麻疹などアレルギーマーチオンパレードなので、知り合いの人が紹介して下さったのが「ちしゃとうの素」でした。

調べてみると、ちしゃとうについては、いろいろなメディアに掲載されていました。

スーパーベジタブル「ちしゃとう」
スーパーベジタブル「ちしゃとう」

もともと、中国原産で、肝機能改善の効果があると言われている野菜ですが、近年、岡山大学薬学部の准教授がちしゃとうに抗アレルギー作用があることを実証したそうです。

なんと、それで特許まで取得したとか。

日本でも各地で栽培されていますが、群馬県藤岡市で無農薬で栽培されたちしゃとうが「ちしゃとうの素」として、無添加、ちしゃとう100%の粉末として販売されているとのことでした。

ちしゃとうのポリフェノールがアレルギーにいい

ちしゃとうには、ケルセチン・ルテオリンの配糖体、カフェ酸、クロロゲン酸などのフラボノイド系のポリフェノールが含まれています。

これらはすべて、抗アレルギー作用があるのですが、これらが抜群のバランスで含まれていて、他の野菜に比べて格段の抗アレルギー作用の有意性が認められたようです。

野菜でアレルギーが緩和なんて信じられないですよね。

私は、「アレルギー」と書きましたが、花粉症だけでなく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、喘息にもよいそうです。

効果を感じるまで15分くらいでした。

私もアレルギー性鼻炎持ちですから、知人から「ちしゃとうの素」をいただいたときに飲んでみました。

「え?これ薬?」

と 思うほど、すぐに鼻水が出なくなったので、少しびっくりしました。

ふつう、漢方薬やサプリメントですと、効果が出るまで数か月かかりますよね。

これは、漢方でもサプリメントでもなく、ただの野菜ですが、「たった15分程度」で効きました。

ただし、少しコツがあって、目安量は1回あたり、付属の小さなスプーン2杯と書いてありますが、花粉症症状がひどいときはその3倍程度飲んでしまいます。

お茶や牛乳に混ぜて飲むと飲みやすいです。

抹茶のような味ですから。

野菜なので、量は適当でも大丈夫のようです。

繊維質が多いので、あまりたくさん飲みすぎるとお腹が緩くなることもありますが、私は便秘気味なので平気です。

これなら妊娠中も授乳中も花粉症対策ができる!

とにかく、野菜ですからね、妊娠中だって授乳中だって気にせず飲めるのがすばらしいです。

「飲める」って言っていますが、たまたま、私はお茶に混ぜて飲むので「飲める」と言っていますが、ヨーグルトに混ぜたりしてもOKです。

妊婦さんだけではありません。ご主人の生活習慣病、癌の予防などにも

「ちしゃとうの素」のすごいところは、アレルギー効果だけではないのです。

ちしゃとうに含まれるポリフェノールには強い抗酸化作用があり、癌、血糖値、体脂肪、コレステロール、睡眠障害、アンチエイジング、ダイエットなどなど、あらゆる症状に効果を発揮します。

ケルセチンは内臓脂肪の燃焼を助けますから、メタボパパにも最適。

お子様がアレルギー持ちであれば、是非、お茶代わりにママとパパと一緒に飲んでみてください。

「ちしゃとうの素」を購入しているお店では、おやつには「知者とうミルクキャンディ」なんていうのも販売されています。

ちしゃとうミルクキャンディ
ちしゃとうミルクキャンディー

私も最初は「ダメもと」くらいの気持でしたが、飲んでみると・・・・

だいたい、野菜で鼻水が止まったら誰も苦労しないんですよ。

確かに、野菜にはビタミンやβカロチン、カルシウム、鉄分などが含まれていて体にいいのはわかります。

しかし、さすがに、アレルギーが緩和されるとは・・・

と、思っていた私が、まさか、このような「ちしゃとう」ファンのブログを立ち上げることになろうとは誰が想像したでしょう。

とにかく妊婦の娘も、無事出産し、いまは赤ちゃんにおっぱいをあげていますが、安心して「ちしゃとうの素」を飲んでいます。

おかげで、アレルギー性鼻炎に悩まされることもなく、快適な生活を送っています。

今年の花粉シーズンもこれで乗り切れるでしょう。
参照:妊娠中・授乳中など、薬を飲めない時のアレルギー性鼻炎対策