そろそろ花粉症の準備をする頃です。

耳鼻咽喉科に駆け込む人も多いことでしょう。

花粉症 アレルギー性鼻炎
花粉症 アレルギー性鼻炎

私も以前はそうでした。

花粉のひどい年は花粉シーズン中ずっと薬が手放せませんでした。

あるいは数か月前からサプリメントを飲むなどして、なんとか鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の充血などの症状が緩和されるように頑張っていたのです。

しかし、ある年の4月に受けた健康診断で肝臓の数値が高くなってしまいました。

肝臓専門ドクターにすべてのサプリをストップするように言われた

薬に頼りたくない
薬に頼りたくない

「サプリメントや漢方薬は効果があるかもしれないが、いろいろな成分が入っていて、何が肝臓にまずかったのか特定できないから、とりあえず全部やめてください」と言われてしまいました。

確かに、サプリメントを辞めると肝数値は元に戻りましたが・・・

翌年の花粉シーズンをどう乗り切ろう、と考えあぐねていました。

「ちしゃとうの」が花粉症にいいという新聞記事を見たことがすべての始まり

ある時、たまたま見かけた新聞記事に「ちしゃとう」という野菜に抗アレルギー作用があると書かれていました。

野菜に抗アレルギー作用?ほんと?

と思いました。

しかし、これまでも、レンコンやしそなど、アレルギーに良いとされる食べ物は紹介されていたので、そんな感じの情報かと思っていました。

「ちしゃとう」の抗アレルギー作用は、大学が実験、薬学会でも発表、特許まで取得していた

ちしゃとうの抗アレルギー作用
ちしゃとうの抗アレルギー作用

まあ、それでも、わざわざメディアに掲載されるくらいなので、一応調べてみることにしました。

それによると、岡山大学でちしゃとうの実験を行った所、I型アレルギー(アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹など)に強い有意性を確認したとのことでした。

この情報は日本薬学会でも発表され、世界初、野菜で初めて特許まで取得されています。
参照:【世界初】野菜(ちしゃとう)が抗アレルギーの特許を取った!

そして、今後、医薬品や食品、化粧品分野での利用が期待されているとか。

これは、いままでの、「花粉症によい食べ物」とはちょっと違うかも?と私は思いました。

「ちしゃとう」をそっくりそのまま粉末にした「ちしゃとうの素」で利用

しそやレンコンでもそうですが、毎日そればかり大量に食べるというのは、不可能ですね。

ちしゃとうの素
ちしゃとうの素

そこで私は「ちしゃとうの素」というちしゃとうと粉末状にした商品を利用しています。

ちしゃとうという野菜は、そのほんのりとした苦み成分のおかげで、虫が付きにくい為、無農薬栽培が可能だとのこと。

それに、無添加ですから、妊婦さんでもお子様でも安心ですね。

即効性があった

私の知る限り、薬以外で数十分で鼻水が止まったのは、「ちしゃとうの素」が初めてです。

おおかたの漢方やサプリメントは数週間から数か月してから効果がでますからね。

参考記事: 「ちしゃとう」がアレルギー性鼻炎に15分で効いた!花粉症対策にいいかも!?

アレルギー性鼻炎持ちの妊婦の娘にも送りました。

妊娠中、薬を飲めない妊婦
妊娠中、薬を飲めない妊婦

当時、妊娠中だった私の娘もアレルギー性鼻炎があったので、「ちしゃとうの素」を送っておきました。

とても喜ばれましたよ。

アレルギー性鼻炎や花粉症が治まることはもちろんですが、野菜不足も補えます。

そして、なんと、血糖値改善、高血圧改善、体脂肪改善など、妊婦が陥りやすい症状も改善してくれる効果があるのです。

百聞は一見にしかず

とは言え、信じられないですよね。

私も信じられませんでした。

飲み方には少しコツがあって、毎日食後に、付属の小さなスプーンに2杯くらい、お茶や水、コーヒーなどに混ぜて飲めばいいのですが、花粉症がひどいときは5杯か6杯くらい飲みます。

すると、私の場合15分くらいで症状が治まります。

とにかく試してみていただくとわかると思います。