妊娠に気付いた時に、「あ!そういえば妊娠に気付く前に薬を飲んじゃったけど大丈夫?」

と不安になることがありますね。

妊娠3か月までは、胎児に臓器が作られる大事な期間です。

この時期に母親の体内に入ったものが胎児の成長に影響を及ぼすこともあります。

もちろん、すべての場合で影響があるわけではありません。

妊娠してしまえば最新の注意を払うと思いますが、まだ妊娠していない、妊活中の方は、今の時期、猛威を振るっている花粉症対策に、つい毎年の癖で思わず薬を飲んでしまうということもあるでしょう。

妊活中でなくても、妊娠してしまうことはあります。
ですから、妊娠する可能性のある女性は是非意識しておきたいですね。

万が一の時に、何が原因か特定できない

特に仕事をしている人の場合、あまりにも花粉症状がきついと業務に差し障るという場合もあるでしょう。

安全な薬、と言われているものもありますから、医師と相談して使ってみるのも一つの方法です。

ただ、もし生まれてきた赤ちゃんに障害があったり、異常があった場合、薬が原因ではないことを特定するためにも、できれば薬は飲まずにおきたいものです。

花粉症シーズンを薬なしで乗り切れる?

風邪を引いた時と違って花粉シーズンは2か月ほどと長いですから、ずっと薬を飲み続けると言うのも現実的ではないと思います。

しかし、薬ではなく野菜であれば、どうでしょう。

たとえば、毎日、レタスやブロッコリーを食べるという感覚です。

「ちしゃとう」という中国原産の野菜があります。

ちしゃとうは世界で初めて、野菜初の抗アレルギー作用が実証され、特許まで取得した野菜です。

アレルギーに効果のあるポリフェノールが何種類もバランスよく含まれているため、I型アレルギー(花粉症、アレルイー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息)などに有意性が認められました。

妊娠中の娘も「ちしゃとう」で花粉症やアレルギー性鼻炎を乗り切った

私の娘は花粉やハウスダストにアレルギーがあるのですが、妊娠中も仕事は続けていました。

なにしろ、無農薬栽培された野菜100%のパウダーですから、安心、安全なのです。

花粉シーズンはとても辛そうでしたので、私はちしゃとうを勧めてみました。

ちしゃとうの素
ちしゃとうの素

私自身もアレルギー性鼻炎があるのですが、ひどい時は「ちしゃとうの素」を少し目安より多めに飲むと15分くらいで鼻詰まりや鼻水が止まります。

ちしゃとうという野菜はスーパーなどでは手に入らないため、ちしゃとう100%で作られたパウダー「ちしゃとうの素」を送ってあげました。

参考:「ちしゃとう」がアレルギー性鼻炎に15分で効いた!花粉症対策にいいかも!?

ついでに、生活習慣病予防にご家族もいかがでしょう。

「ちしゃとう」という野菜には、抗アレルギー作用だけではなく、血糖値低下、体脂肪抑制、抗コレステロール、抗腫瘍、高血圧予防などいろいろな効果のあるポリフェノールが含まれています。

もちろん 野菜不足の方にも効果的です。

ですから、妊活中、妊娠中の奥様だけではなく旦那様やお父様、お母様など、ご家族で飲まれるとよいのでは、と思います。

私の家には「ちしゃとうの素」が何袋もストックしてあります。