妊娠中血糖値が高いと言われたら

妊娠するとさまざまな検査が行われます。
その中で、「血糖値が高い」と言われることがあります。

ここでは、もともと糖尿病だった女性が妊娠したということではなく、妊娠して初めて、血糖値が高いと言われた場合のお話をします。

妊娠の影響で「インスリン」の働きが低下してしまうことによって血糖値が高くなってしまうことがあります。

妊娠中さまざまな検査が行われます

妊婦検診のときに、検査を行った結果、陽性だった妊婦さんは、さらに細かい検査を行います。

一過性でなければ「妊娠糖尿病」と診断されるでしょう。

■75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)によって

空腹時血糖値が92mg/dL以上
1時間値 180mg/dL以上
2時間値 153mg/dL以上

のどれか1つでも満すと妊娠糖尿病と診断されます。

妊娠糖尿病になるとどうなる?

妊娠糖尿病になると母体、胎児双方に影響が出ます。

母体への影響

・糖尿病の合併症を引き起こすことがある
(腎症や網膜症)
・流産、早産
・高血圧
・羊水の異常

胎児への影響

黄疸
巨大児
胎児機能不全
低血糖
多血症

食事療法とインスリン注射

血糖値が高いと一度でも言われた場合は、糖尿病と診断されなくても、常に血糖値に気を配っていたいものです。

血糖値が高い場合でも、糖尿病と診断された場合でも、まずは食事療法を試してみることになります。

血糖値は食後に急激に上がりやすい為、1度に多くの食事量を取らずに、1日の食事回数を増やす、野菜を多めに食べる、カロリー制限をする、炭水化物や糖分を控えるなどの栄養指導がされると思います。

ただし、妊娠中であるため必要な栄養素やカロリーは取らなければならないため、食事療法も慎重に行わなくてはなりません。

食事療法を行っても改善を見ない場合はインスリン注射を行うことになります。

血糖降下薬は安全性が確認されていないため、妊婦さんには使えませんので、インスリン注射を行うことになります。

インスリン注射は胎盤を通過しないため安全だと言われています。

食事療法の指導を受けている最中も、インスリン注射を打っている最中も、自分でできることは試してみましょう。

野菜類を多く食べることはいいのですが、どうせなら効率よく野菜を摂取したいものです。

「桑の葉」には1-デオキシノジリマイシン(DNJ)と言われる成分が含まれています。

自分でできること~桑の血糖値効果作用は?~

桑の葉

桑の葉には1-デオキシノジリマイシン(DNJ)の他に、Bカロテン、ビタミンE、カルシウム、鉄、亜鉛、マグネシウム、食物繊維そして、妊婦さんにうれしい葉酸も多く含まれています。

この成分により、体が糖分の吸収が穏やかになると言われています。

桑の葉は葉のままで毎日食べることは簡単ではありませんので、粉末状のものを利用します。

粉末の桑の選び方~おすすめは「桑の素」

野菜を粉末にしたものは、自分では洗えませんので、安全性が強く問われます。

無農薬、有機栽培、無添加、国産、というような商品であれば安心です。

なんといっても国産のものであること、無農薬であること、栽培されている場所が明確になっていることなどが安心の理由です。

妊婦さんの血糖値対策だけではない、さまざまな効果

桑という葉にはさまざまな効果があります。

桑の素

私がお勧めなのは、群馬県藤岡市で無農薬栽培されている桑100%を使ったYosimoショップさんの「桑の素」という商品です。

特に、妊婦さんにお勧めなのは、できるだけ薬に頼りたくない妊婦さんが、食事療法を勧められた時に、まず試してみるべき野菜だからです。

野菜を多くとる必要があるのであれば、どうせなら、血糖値抑制効果のある野菜を取ったほうがいいわけです。

しかも、桑の葉には

血糖値抑制
体脂肪抑制
血圧を調整
抗酸化作用
抗炎症作用
便秘(食物繊維が豊富)
血行促進

などの作用があり、主な栄養素はビタミン、ミネラル、カルシウム(牛乳の22倍)、鉄分(ケールの5倍)、葉酸

などが含まれています。

こうしてみると、妊婦さん向けというより、おじいちゃん、おばあちゃん、パパさん、ママさん、食事が不規則なビジネスマン、ビジネスウーマンが、幅広く使えそうですね。

妊娠すると体はこれまでなかったトラブルに見舞われることがあります。

元気な赤ちゃんを産むために、しっかりと健康管理をしましょう!