一年中飛んでいる花粉+ハウスダスト+ダニ
花粉症真っ盛りの3月。
マスクをして歩いている人がたくさんいます。
主にスギの花粉症の人が多いのですが、実は、3月後半から4月にかけては、ヒノキの花粉も飛散しています。

例えば関東地方の場合、ほぼ一年中何らかの花粉が飛散しています。
主にアレルギー患者が多いのはスギやヒノキあたりですから、2月~4月が一般的に花粉症シーズンと言われています。

参照:アレグラ:お役立ち情報
http://www.allegra.jp/calendar.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=2019spring&utm_content=hnk1

夏が終わる頃になるとなんとなく、くしゃみや鼻水が出だす人がいます。
それを夏風邪が長引いている、あるいは、ちょっと寒くなったから、と思っている人もいるようなのですが、実は秋の花粉症であることも多いのです。

ちしゃとう
ちしゃとうの素
ちしゃとうの素

さらに私は花粉、ハウスダスト、ダニ、猫、といろいろなアレルギーがあります。
たまに蕁麻疹が出ることもありました。

抗アレルギー野菜「ちしゃとうの素」を1年を通して飲んだ結果

そんなわけで、1年中薬を飲むわけにもいかないので、私は抗アレルギー野菜「ちしゃとう」の粉末「ちしゃとうの素」を毎日飲んでいます。

アレルギーをなんとかしたくてちしゃとうを飲んでいるのですが、長く飲んでいて変わったことがあります。

年齢を重ねると、健康診断で毎年なんらかの異常値が出るのです。
私の場合、これまで、白血球数値、血糖値、肝数値に異常がでたことがあります。
肝数値はここ過去4年くらい毎年出ていました。

脂肪肝でもない、アルコールでもない、C型、B型肝炎や肝硬変やガンではないことは検査で分かっていました。

ドクターが言うには、サプリメントの飲み過ぎかストレスかそうしたことが原因だとのことでした。

体調が変わった!


ところが、「ちしゃとうの素」を飲み始めて数か月経った時に行った健康診断では、肝臓の数値は正常値になっていました。

それだけではありません、便秘をしなくなりました。

また、ふと気が付いて思ったのですが、毎年、数回は風邪で熱を出しますが、もう半年以上風邪を引いていません。

そして、毎年薬が手放せなかった花粉症ですが、今年は、少し鼻水が出た程度で治まっています。
マスクはしていません。

全体的に体調がよくなった気がします。

化粧のノリもいい!?


体調だけではありません。
最近、お肌のお手入れをさぼっても化粧のノリもいい感じがします。
「ちしゃとう」には抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれる働きもあります。活性さんとは老化と深くかかわっていますから、老化を緩やかにしてくれているのかな?とも思います。
化粧のノリがいいということは、お肌がうるおっているわけなのです。

抗酸化作用が活性酸素を除去して化粧のノリがいい

ちしゃとうをどうやって飲んでいるか?
私は抹茶が好きですから、抹茶に似たちしゃとうの味はまったく違和感がありません。


主に、お茶に溶かして飲んでいます。
お茶に溶かすと、抹茶のような感じになりおいしいですよ。

あるいは、バニラアイスクリームに振りかけたり、牛乳と混ぜたりすることもあります。

野菜嫌いのお子様がいらしたら、牛乳に混ぜて飲めば野菜不足も補えるのではないかなと思います。

花粉シーズンであれば、小さいペットボトルにお茶を持ち歩いている人は、その中に「ちしゃとうの素」を入れておけばいいですね。

「ちしゃとうの素」の飲む量の目安


ちしゃとうの素は野菜です。
ですから多少たくさんいただいたからといって副作用はありませんが、繊維質がたくさん入っていますから、お腹がゆるくなることがあるかもしれません。
ひごろからちしゃとうを飲んでいても、花粉量がとても多い日は
私の場合は、たまたま花粉症状がきついなと思う日は、目安量の付属スプーン2杯より多く、4~6杯を飲みます。

すると15分くらいでくしゃみ鼻水が止まります。
参照:「ちしゃとうがアレルギー性鼻炎に15分で効いた!」

私は、薬で肝臓の数値が上がってしまったことがあるため、できるだけ薬を使わず自然の力で花粉症を治します。